症状の特徴

ふとした動作、朝起きた時、起きるときの腰の痛み、椅子から立ち上がる、何か物を拾おうとしたときの痛みなどを訴える方が多いです。

原因

首や肩などの離れたところに原因があるケースもありますが、大半の原因はこの3点です。

  • 骨盤のゆがみ
  • 臀部の硬さ
  • お腹の硬さ

処置内容

カウンセリングで日常の生活様式 負担がかかる姿勢や癖がないかなどの話を伺います。
次に動作チェックと、筋肉の状態を確認します。

動作チェック

以下の動作で痛みが出るかをチェックします。

  • 姿勢検査
  • 動作分析
  • ゆがみ検査
  • 回旋動作(前屈、後屈、側屈など)

触診検査

さらに筋肉の状態を把握するために、全身を触診検査します。
腰だけではなく、離れた部位にも原因がないかチェックしていきます。

また、筋肉筋膜が硬い箇所は血液の循環も悪く、腰痛の原因となるだけではなく、今後他の症状を引き起こす潜在的な原因となるので、詳しく見る必要があります。

施術の流れ

筋肉、筋膜の柔軟性を高めるため、上記検査で検出した問題個所に対して以下の施術から始めます。

  • 背骨調整
  • 骨盤調整

次に患者さんの状態に合わせ、以下の施術も組み合わせます。

  • 筋膜調整
  • 頭蓋骨調整
  • 自律神経調整
  • 内臓調整

お問い合わせ・ご予約はこちら03-6754-108410時~13時/15時~20時
[定休日:水曜日]

診療予約 ご予約はこちらから