整体豆知識その94!【理想は子供の身体です】

5月5日はこどもの日ですね。
私たちは当院で患者様に「子供の身体を目指しましょう」なんてお話をすることがあります。50歳の方でも60歳の方でも、目指すべきところは子供の身体です。

では、子供の身体とはどういうことなのでしょう?

それは、「自然と回復する」「寝るだけで翌日も元気に動ける」そんな身体のことです。
子供の頃を思い出してみてください。
肩こり、ありましたか? 腰痛や頭痛に悩んでいましたか?
すべての子供にそれらがないというわけではありませんが、子供の身体にはそういう慢性的な痛みや不調が起こりにくいのです。

なぜなら、寝るだけで翌日分の疲れがすべて回復してしまうからです。

私たちの肩こりも腰痛もすべて、翌日の疲れが抜けていないことから始まっています。
いつしか私たちは生活習慣の変化によって、疲れを毎日毎日貯め込み続けるようになってしまったのです。

子供は100のエネルギーを使って全力で遊ぶと、電池が切れたように眠ってしまいますよね。
昼でも夕方でも関係なく「あら、よく遊んだからもう寝ちゃったわ」なんていうことがたくさんあったはずです。

当然ながら大人は100のエネルギーを使ったからといってお昼や夕方に寝るわけにはいかない事情があります。
夜も早く寝ればいいのに、ついついクセでいつものように遅くまで起きていてしまいます。
その結果、大人は100の消費エネルギーに対して90とか85とかしか回復できないような睡眠事情になってしまうのです。

この誤差を修正することができないまま、翌日も100使って90回復するような暮らしを続けます。
そのうち、100のエネルギーを使い切ることさえできず、90しかパワーがでず、80しか回復しないような暮らしが始まってしまうのです。

いくら「子供の身体を目指しましょう」といっても子供のように眠い時に寝るなんてことができるわけではありませんが、せめてご自分の睡眠量を回復量ととらえて、しっかり睡眠をとるようにしてください。

整体豆知識その94!【理想は子供の身体です】