椎間板ヘルニアってなに?

よく聞く「椎間板ヘルニア」とは、背骨と背骨の間にあるゴムのようなクッション成分が変形し、神経に触って痛みを発するものです。
椎間板というクッションは、喩えるならクリームパンやたこ焼きのように、核になる部分を表面の組織が覆うように作られています。
ヘルニアとは、たこ焼きのタコが外へ飛び出してしまったような状態のことをいいます。飛び出したタコ(椎間板の核)が神経に触れると、強い痛みを感じます。
この椎間板ヘルニアというものは腰だけに起こるものではありません。
私たちの背骨は、正しくは「脊椎(せきつい)」といいます。頭を支えている首の1番上から尾てい骨まで合わせて24個の骨が縦に並んでできています。一般的に皆様が首だとお感じになる部分を「頸椎(けいつい)」といい、それが7個。背中の部分を「胸椎(きょうつい)」といい、12個。腰の部分は「腰椎(ようつい)」といい、5個の骨になります。腰部椎間板ヘルニアの他に、頸部椎間板ヘルニアも大変多い症状です。

8.椎間板ヘルニアってなに?