腰痛対策① 物の持ち運びには肩甲骨を使おう!

腰痛が気になる方は、日頃の身体の使い方で腰への負担を和らげるようにしましょう。
例えば、段ボール箱で荷物が届いたとします。玄関先に置かれたその箱をリビングまで運ぼうと持ち上げる時……
そこで、腕の力だけで持ち上げようとするのではなく、肩甲骨を意識してみて下さい。一般的に「腕」というと肩より下の部分を想像される方が多いのですが、背中側にある肩甲骨も、腕の付け根としてとても大切な部分です。ひとつの物を持ち上げるときに、「腰と腕」だけで持ち上げようとするとどうしても負担が大きくなってしまうのですが、「膝を曲げて、腰を落とし、腕の付け根を意識しながら肩甲骨を使って持ち上げる」というふうに身体を多く使うと負担が分散されます。特に肩甲骨は意識しにくい部分なので、ぜひ気にかけてみて下さい。身体をひねって後ろにあるなにかを取ろうとするとき、壁のフックからハンガーを取ろうとしたときなどにもオススメです。

11.腰痛対策① 物の持ち運びには肩甲骨を使おう!