肩こりってなんなの?肩こり大辞典

「肩こり」に効く!というお薬(サプリメント)の効果は?

コマーシャルでお馴染みの「目、肩、腰に効く!」という宣伝文句。あれらの栄養錠剤の正体は主にビタミンB12という栄養素です。ビタミンB12の主だった役割は「赤血球を増産する」こと。赤血球は血液の中で酸素や栄養素を運搬する役目を果たします。その赤血球を増やすことで、身体中に効率よく新鮮な酸素と栄養素を運び込み、疲れた身体を修復しようというものなのです。

ここで、「え?じゃあ肩こりに効くんじゃないってこと?」とお思いの方もいらっしゃるでしょう。そうなのです、直接的に肩こりに効くわけではないのです。「肩や腰に効く!」というよりは「疲れた身体に!」くらいのほうが正しいといえるのではないでしょうか。

現在は様々な栄養錠剤なども多く普及していますが、その1錠が肩の筋肉に届いて肩をほぐしたり、揉みすぎてちぎれてしまった筋肉を治したりするわけではありません。ましてや、毎日の姿勢や正しい身体の使い方を知らないままでいて、その肩こりが消えることはありません。


WEBキャンペーン

まずは気軽にご相談ください!

お問い合わせ・ご予約はこちらから TEL03-6754-1084 ご新規の患者様には、丁寧な検査とカウンセリングをさせて頂くため1日限定5名様までとさせて頂きます。


↓↓↓ ネットでのご予約はこちら ↓↓↓