腰痛に塗り薬は効くの?

腰痛や肩こりなどのためにクリームやゲル状の塗り薬が多く販売されています。これらにも湿布と同様、鎮痛成分が含まれています。
最近の鎮痛効果商品の特徴として、「痛みそのものを感じさせている物質」の生成を抑制するというものがあります。私たちの体内は筋肉の損傷などで「発痛物質」と呼ばれる成分を体内に発生させ、そこが痛いと感じさせます。痛みは私たちにとっての警告や警報と同じものなので、悪いところを痛いと感じられなくなると、症状は進行してしまいます。

このように、腰痛に限らず「鎮痛剤」は私たちの身体を「痛いと感じさせないよう麻痺を起こさせる」ものだったり、「痛みのシグナルになる成分が出ないように抑える」ものだったりで、「痛みの箇所を修復する効果がある」というものはあまりないのが現状です。

ただ、慢性的な腰痛の方がそのゲルを痛いところに塗りこむ際、患部を優しくマッサージしたりなどで血行を高めることはおすすめです。血液循環が良くないと身体は健康でいられません。特に急性ではなく慢性的な腰痛の方は、毎日の腰の働きっぷりと血液循環の量が釣り合っていないケースが多くあります。ふくらはぎ等から優しく揉み上げて、腰にしっかり血液が行き渡るようにするのがおすすめです。


WEBキャンペーン

まずは気軽にご相談ください!

お問い合わせ・ご予約はこちらから TEL03-6754-1084 ご新規の患者様には、丁寧な検査とカウンセリングをさせて頂くため1日限定5名様までとさせて頂きます。


↓↓↓ ネットでのご予約はこちら ↓↓↓