偏頭痛はどうして頭の片側だけ痛くなるの?

“左右どちらかのこめかみ周辺が痛む”というのが偏頭痛の特徴ですが、必ずしも片側だけしか痛まないというわけでもありません。両側同時に痛む人もいれば、「必ず右側だけが痛む」「いつも左右バラバラに痛みがくる」という人も。
頭痛とは血管の拡張によって起こる症状です。頭や首筋、肩などの血管が何らかの影響によって拡張され、押し広がった分だけ周囲の神経に刺激が伝わり痛みを感じます。もしあなたが「いつも右側だけ痛い」というタイプの偏頭痛に悩んでいらっしゃるとしたら、右側の血管だけが拡張する傾向にあるのかもしれません。それは、右側にだけ身体のゆがみや使い方の無理が生じていたり、どちらか片方だけで食事を噛む(偏咀嚼といいます)クセなどが血管の状態に影響しているかもしれません。
これはあくまでも一例です。「右側で食事を噛むクセのある人が必ず右側に偏頭痛がある」など決まったものではありません。


WEBキャンペーン

まずは気軽にご相談ください!

お問い合わせ・ご予約はこちらから TEL03-6754-1084 ご新規の患者様には、丁寧な検査とカウンセリングをさせて頂くため1日限定5名様までとさせて頂きます。


↓↓↓ ネットでのご予約はこちら ↓↓↓