腰痛の原因

腰痛の根本的な原因は、「骨のゆがみ」と「その骨にくっついている筋肉の緊張(硬化)」です。特に腰痛の場合、骨盤がゆがんでズレると、骨盤とくっついている「大腰筋(だいようきん)」が異常に引っ張られたり傷ついたりして、痛みを発する状態になります。また、ゆがんだ骨そのものが痛みの神経に触れると、ビクン!!という強く刺すような痛みが走ります。
この“大腰筋が引っ張られて痛みを発する状態”を作っているのがどこなのかは千差万別です。前出したように、上半身が大腰筋に負担をかけている人もいれば日常的なクセが原因の方もいます。

具体的に腰痛の原因を挙げると
・無理な姿勢で続ける仕事(前のめりになるデスクワークなど)の負担が腰痛になるケース
・脚組みなどの日常的なクセからくるゆがみが腰痛を招くケース
・合わない寝具からくる腰への負担が腰痛に発展するケース
・頭や腕のバランスの悪さを腰でカバーしていることから生じる腰痛
・歩く姿勢のアンバランスさからくる腰痛
・合わない靴(無理なハイヒールや堅い革靴など)から生じる腰痛
・お子さんを抱っこする際に生じる腰への負担
・ご本人の体重を腰の筋肉が支えきれずに痛みを発するケース(たとえ痩せ形の方でも筋力が弱いと同じことが起こります)
などなど。

しかも、腰痛の原因はおひとりに対して1つではなく、3つ、4つと複数ある場合がほとんどです。その組み合わせを考えると、腰痛の原因は無限にあるのです。
つまり「あなたの腰痛と私の腰痛は全く別モノだ!」ということになります。ならばそれに合わせて施術しなければなりません。
頭や肩の位置のアンバランスが腰痛の原因だという方と、足首や膝の負担が腰痛を招いている方では、施術内容を変えなければなりません。「ただの腰痛」だとか「同じ腰痛」としてひとくくりに診断して処置を施されていては、腰痛は絶対に治りません。


WEBキャンペーン

まずは気軽にご相談ください!

お問い合わせ・ご予約はこちらから TEL03-6754-1084 ご新規の患者様には、丁寧な検査とカウンセリングをさせて頂くため1日限定5名様までとさせて頂きます。


↓↓↓ ネットでのご予約はこちら ↓↓↓